Go to Contents Go to Navigation

元IOC副委員長の金雲龍氏が死去 テコンドー五輪採用などに貢献

記事一覧 2017.10.03 11:17

【ソウル聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)副委員長を1992年から2004年まで務め、韓国スポーツ界の巨星と呼ばれる金雲龍(キム・ウンヨン)氏が3日未明、老衰のため亡くなった。86歳だった。

金雲龍氏=(聯合ニュース)

 前日に体調を崩し、ソウル市内の病院に搬送されていた。遺族によると、3日午前2時20分ごろ息を引き取った。

 1986年にIOC委員となった金氏は大韓オリンピック委員会のトップやIOC副委員長を務めるなど、国内外でスポーツ界の要職を担った。1988年のソウル五輪の成功や2002年のサッカーのワールドカップ(W杯)韓日大会の招致に貢献した。

 2000年シドニー五輪からテコンドーが正式競技になったことについては、金氏が立役者と言われる。同五輪では韓国と北朝鮮が開会式で合同入場行進をしたが、合同入場の実現にも大きく寄与した。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。