Go to Contents Go to Navigation

韓国の対中輸出 経済報復下でものり・即席麺・ビールは好調

記事一覧 2017.10.09 08:30

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対する中国が韓国に対し「経済報復」を行っている影響で韓国から中国への農水産物、食品の輸出が減少するなか、のり、即席麺、ビールは輸出が増加している。

 韓国農林畜産食品部によると、農水産物・食品のうち、今年に入ってから8月末までの輸出額で、のり、即席麺、ビールが上位3品目になり、総額が1億5000万ドル(約170億円)に達した。これは同期間の農水産物・食品の全体の輸出額(8億5620万ドル)の18%に当たる。 

 のり(6490万ドル)は前年同期比46.2%増え、即席麺(5650万ドル)は同45.7%増、ビールは(2900万ドル)は同106.8%増加した。

 農水産物・食品全体ではTHAAD問題が本格化した3月から前年同月比でマイナスに転じ、6カ月連続で減少している。

 品目別では、1月から8月末までを基準とし、調製粉乳(前年同期比35.6%減)、ビスケット(同48%減)、アワビ(同98.8%減)などの減少幅が大きかった。

 のりの輸出が増えたのは中国で不作だったためで、即席麺はSNS(交流サイト)などにより、中国の若者の間で人気となったことが後押しした。ビールはODM(相手先ブランドによる企画・生産)製品の輸出で、THAAD問題による報復の影響を受けにくいため増加したとみられている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。