Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領 来月8~15日に東南アジア歴訪=APECなど出席

記事一覧 2017.10.12 11:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は来月8日から8日間の日程でインドネシア、ベトナム、フィリピンの東南アジア3カ国を歴訪する。同期間にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)、東アジア首脳会議(EAS)に出席する。東南アジア訪問とこれら会議への出席は就任後初めて。

海外に出発する文大統領夫妻(資料写真)=(聯合ニュース)

 文大統領はまず、来月8~10日にインドネシアを訪れる。首脳会談の日程を最終調整しており、近く公式発表する予定。

 10~11日にはベトナムで開かれるAPEC首脳会議に、13~14日にはフィリピンで開かれるASEANプラス3とEASに出席する。

 文大統領は歴訪に合わせ、2カ国会談などを通じ、東南アジア諸国との協力関係を強化する方針だ。

 一方、来月初めにはトランプ米大統領とソウルで首脳会談を行う予定。トランプ大統領は東南アジア歴訪に合わせ、韓国と日本、中国を訪問する。文大統領とトランプ大統領の会談は3回目となる。北朝鮮問題のほか、両国の立場が大きく異なる韓米自由貿易協定(FTA)改定問題についても意見を交わすとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。