Go to Contents Go to Navigation

対北朝鮮圧力・朝鮮半島の安定的管理で一致=韓米日次官協議

記事一覧 2017.10.18 17:14

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国、日本は18日、ソウルで外務次官協議を行い、北朝鮮の核問題解決のため圧力を加える一方、朝鮮半島情勢の安定的な管理が重要との認識で一致した。協議後に行った共同記者会見で韓国の林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官が明らかにした。

共同記者会見を行う(左から)サリバン氏、林氏、杉山氏=18日、ソウル(聯合ニュース)

共同記者会見を行う(左から)サリバン氏、林氏、杉山氏=18日、ソウル(聯合ニュース)

 協議には韓国から林次官、米国からサリバン国務副長官、日本から杉山晋輔外務事務次官が出席した。

 林次官は「北の核問題と関連し、現在の状況に関する評価を共有し、平和的な方法による完全な核廃棄という目標を確認した。3カ国の緊密な連携の下で制裁と対話を含めた可能なすべての外交努力を傾注することにした」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。