Go to Contents Go to Navigation

韓国中銀 今年の成長率見通しを3.0%に上方修正

記事一覧 2017.10.19 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は19日、金融通貨委員会後の記者懇談会で、韓国の今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを7月発表の2.8%から3.0%に引き上げると明らかにした。

金融政策方向を説明する李柱烈総裁=19日、ソウル(聯合ニュース)

 韓銀は今年の成長率見通しを4月に0.1ポイント引き上げ2.6%とし、7月に2.8%を提示した。その年の見通しを3回連続で引き上げるのは7年ぶり。輸出好調などで景気の回復傾向が続くとの見方が背景にあるようだ。

 李氏は、来年の成長率については2.9%との見通しを示した。

 韓銀はこの日、金融政策方向に関する議決文で、韓国経済について「堅実な成長の流れを続ける」との見方を示し、世界経済の回復が続いていることなどから輸出が良好な流れを保っており、内需も財政支出の拡大などで緩やかに回復すると見込んだ。

 また、当面は需要の面で物価上昇圧力が大きくないと見込まれるため、金融政策の緩和基調を維持すると説明した。

 韓銀はこの日の金融通貨委員会で、政策金利を年1.25%で据え置くことを決めた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。