Go to Contents Go to Navigation

韓国最大野党 朴前大統領と「絶縁」=事実上の除名決定

記事一覧 2017.10.20 17:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党「自由韓国党」は20日、収賄罪などに問われている前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告に離党勧告処分を下す決定をした。離党勧告を受けた後、10日以内に離党届を提出しない場合、党最高委員会の議決を経て除名される。朴氏は離党勧告を拒否する可能性が高いとされるため、党が事実上「絶縁」を宣言したことになる。韓国の政党が大統領経験者に対し、事実上の除名措置を取るのは初めて。

朴槿恵被告=(聯合ニュース)

 同党はこの日の倫理委員会で、朴氏のほか、朴氏に近く党の主流派だった「親朴系」の中心人物、徐清源(ソ・チョンウォン)、崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)両国会議員に対しても離党を勧告する懲戒処分を決めた。

 ただ、現職の国会議員を除名するには在籍議員3分の2以上の賛成が必要なため徐氏と崔氏の除名は難しいとみられる。 

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。