Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 各国大使館・企業を対象に五輪説明会=安全を強調

記事一覧 2017.10.20 18:20

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は20日、ソウル市内の同部庁舎で各国大使館や外資系企業の関係者を対象に韓国で来年開催される平昌冬季五輪・パラリンピックに関する説明会を開いた。

朴銀夏・公共外交大使のあいさつを聞く出席者ら=20日、ソウル(聯合ニュース)

 北朝鮮の核・ミサイル挑発により朝鮮半島の緊張が高まる中、安全な五輪の開催に向けた政府の取り組み、五輪の準備状況などについて説明が行われ、100人以上が出席した。

 同部の朴銀夏(パク・ウンハ)公共外交大使はあいさつで、「政府は安全より先の平和を実現する平昌五輪を開催するため最善の努力を傾けている」とし、世界各国から平昌を訪れる選手や関係者、観客の安全を最優先に考え、五輪史上最も安全だったと評価されるよう準備すると強調した。

 説明会では北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長が最近の朝鮮半島情勢について説明し、出席者の質問に答える時間も設けられた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。