Go to Contents Go to Navigation

韓国軍制服組トップと在韓米軍司令官が米空母訪問 北をけん制

記事一覧 2017.10.24 17:12

【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長とブルックス在韓米軍司令官(韓米連合軍司令官兼務)が24日、南東部・釜山に停泊中の米原子力空母ロナルド・レーガンを訪問し、核・ミサイル挑発を繰り返す北朝鮮をけん制した。合同参謀本部が伝えた。

原子力空母ロナルド・レーガン=(聯合ニュース)

 ロナルド・レーガンは16~20日に韓米海軍が朝鮮半島周辺で実施した合同演習に参加し、21日に釜山に入港した。

 同空母に立った鄭氏は、ロナルド・レーガン率いる空母打撃群の朝鮮半島展開と韓米合同演習が「北にとって強い警告になったはずだ」と指摘。合同演習により「揺るぎない韓米同盟と強力な韓米連合防衛態勢を十分に示した」と評価し、「これからも韓米で緊密に連携し、今すぐ戦って勝つことのできる『ファイト・トゥナイト』の態勢を維持していこう」と呼び掛けた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。