Go to Contents Go to Navigation

「日本軍慰安婦歴史館」に100万円 ネット小説家が寄付=韓国

記事一覧 2017.10.25 16:52

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送る韓国・ソウル近郊の福祉施設「ナヌムの家」は25日、インターネット上で小説を発信しているノ・スンアさんが同施設敷地内の「日本軍慰安婦歴史館」に1000万ウォン(約100万円)を寄付したと明らかにした。

ノ・スンアさん(ナヌムの家提供)=(聯合ニュース)

 同歴史館は韓日市民の協力で建設され、1998年に開館した。忘れられていく日本の戦争犯罪を告発し、今なお残る旧日本軍「性奴隷」被害者問題を解決するため、国内外で展示を行ったり被害者が証言する場を設けたりしている。

 ノさんは寄付の理由について「慰安婦問題に、より多くの人に関心を持ってもらいたいと思った」と話している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。