Go to Contents Go to Navigation

今年のR&D投資 サムスンが世界4位=上位100社に日本企業16社

記事一覧 2017.10.30 08:30

【ソウル聯合ニュース】米大手会計事務所プライスウォーターハウス・クーパース(PwC)のストラテジーアンドが30日までに公表した報告書によると、サムスン電子は今年127億2000万ドル(約1兆4460億円)を研究開発(R&D)に投資し、調査対象の1000社のうち4位となった。アジアの企業で唯一トップ10入りした。

サムスンのR&Dキャンパス(同社提供)=(聯合ニュース)

 アマゾンが160億9000万ドルで首位となり、グーグル持ち株会社のアルファベット(139億5000万ドル)、インテル(127億4000万ドル)と続いた。

 サムスンは2013年から4年連続で2位だったが、4位に後退した。ただ、05年以降から20位以下に落ちていない9社に含まれた。

 上位100位に入った韓国企業はサムスンのほか、LG電子(48位)、現代自動車(79位)、SKハイニックス(84位)の計4社にとどまった。米国企業が40社で最も多く、日本企業はトヨタ自動車(11位)など16社が含まれた。中国企業は6社だった。

 「最も革新的な企業10社」ではアルファベットが首位。サムスンは昨年と同じ6位となった。

 今年は1000社のR&D投資額が計7016億ドルとなり、前年比で3.2%増となった。日本が5年ぶりに増加に転じ、最近の景気回復基調が反映された一方、数年間2桁の伸びを続けた中国は3.3%減となった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。