Go to Contents Go to Navigation

THAAD配備 「中国に謝罪する計画ない」=韓国外相

記事一覧 2017.10.30 15:52

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は30日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡り関係が悪化した中国に対する謝罪を行わないと述べた。

国政監査で答弁する康長官=30日、ソウル(聯合ニュース)

 国会外交統一委員会の外交部に対する国政監査で、「大統領や閣僚がTHAADについて中国に対し謝罪や遺憾を表明する計画があるか」との質問に答えた。

 一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中の時期について「7月の韓中首脳会談で、適切な時期に(文大統領が)訪中することで合意したため、調整を進めている」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。