Go to Contents Go to Navigation

金田一京助賞に初の韓国人研究者 韓国語のアクセント分析

記事一覧 2017.11.12 14:07

【ソウル聯合ニュース】日本や周辺諸民族の言語などの研究・業績を顕彰する「金田一京助博士記念賞」が韓国言語研究者、孫在賢(ソン・ジェヒョン)氏の「韓国語諸方言のアクセント体系と分布」に決まった。金田一京助博士記念会がこのほど発表した。

孫在賢氏=(聯合ニュース)

 韓国人が同賞を受賞するのは初めて。孫氏は聯合ニュースに対し、「権威ある賞を受賞できうれしい。日本語に比べ、韓国語のアクセントの研究は活発に行われてこなかった」とコメントした。

 孫氏は韓国外大の日本語科を卒業し、日本の東京大で修士・博士号を取得。韓国の徳成女子大・日本語日文学科の副教授で、現在マサチューセッツ工科大(MIT)の客員教授を務めている。

 授賞式は来月17日に東京で行われる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。