Go to Contents Go to Navigation

韓国亡命の北朝鮮兵が危篤状態に 数人からの銃撃で内臓など損傷

記事一覧 2017.11.14 11:23

【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局は14日、南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)から13日午後に韓国側に亡命した北朝鮮兵は軍用ジープに乗ってJSA付近にある北朝鮮の見張り所まで来ていたと明らかにした。亡命を阻止するため、北朝鮮軍の兵士数人が後を追い、銃撃したという。

亡命した兵士とみられる男性。亜州大学病院に搬送された=13日、水原(聯合ニュース)

 兵士が乗っていたジープは見張り所近くの用水路に車輪がはまり、ジープを降りて見張り所まで移動した。

 国連軍司令部は報道資料を出し、「韓国と北朝鮮の実質的な境界線である軍事境界線付近まで車両を使って来た」として、「その後下車し、軍事境界線を越えて南側に逃走し、逃走中に別の北の兵士から銃撃を立て続けに受けた」と説明した。

 韓国軍の消息筋は亡命しようとする兵士を殺害するため、銃撃を行ったと伝えた。兵士は銃撃により、ひじや肩などを負傷したほか臓器も損傷したという。兵士は手術を受けたが危篤状態で、集中治療室(ICU)で生命維持装置を付けている。

 銃撃は軍事境界線の北朝鮮側であり、詳細は国連軍司令部の軍事休戦委員会が調べているという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。