Go to Contents Go to Navigation

南東部の地震 「余震数カ月続く」=韓国気象庁

記事一覧 2017.11.15 19:02

【ソウル聯合ニュース】韓国南東部の慶尚北道浦項市で15日午後に発生したマグニチュード(M)5.4の地震について、韓国気象庁は「通常、M5.0以上の地震が発生すれば数カ月間、大小の余震が続く。今回も数回にわたり余震が続くだろう」と予想した。

気象庁は浦項市で発生したM5.4の地震について記者会見を行った=15日、ソウル(聯合ニュース)

 気象庁によると、同日午後2時29分ごろ、南東部の慶尚北道浦項市の北9キロの地域でM5.4の地震があった。昨年9月12日に発生した慶尚北道慶州市を震源とするM5.8の地震に次ぎ、韓国で観測史上2番目の規模となった。

 M5.4の地震の前にM2.2とM2.6の前震が発生しており、午後5時20分現在、計9回の余震が観測された。

 気象庁は「慶州の地震の余震が先月までずっと発生していたことから推測し、今回の地震の余震も長く続くと思われる」と話した。

 気象庁は今回、慶州から約43キロしか離れていない場所で地震が発生したことから、二つの地震の関連性を分析している。

 東日本大震災との関連性についても、「学界で慶州の地震が東日本大震災の余波という分析が出てきたが、今回の地震もその関連性をさらに分析しなければならない」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。