Go to Contents Go to Navigation

2018年の韓国語能力試験は5回 72カ国・地域で実施

記事一覧 2017.11.17 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国国立国際教育院は17日、韓国政府が認定・実施する韓国語検定、韓国語能力試験(TOPIK)の2018年の試験日程を発表した。試験は全5回で、計72カ国・地域の223会場で実施される。 

韓国語能力試験の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 試験日は4月14~15日、5月19~20日、7月15日、10月20~21日、11月17~18日。試験は1日で終わるが、地域により実施日が異なる。また、7月15日の回は日本とベトナム、イラン、カンボジア、タイでのみ実施される。

 受験希望者はTOPIKの日本語ホームページ(https://www.kref.or.jp/examination)などで申し込む。

 TOPIKは韓国語を母語としない外国人と在外韓国系住民を対象に、1997年に始まった。この成績は、外国人留学生を対象とする政府の奨学金制度や外国人と在外韓国系住民の韓国の大学入学、韓国の永住権取得などの際に韓国語能力の目安として活用される。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。