Go to Contents Go to Navigation

文大統領が地震被災地の浦項訪問 高校生らいたわる

記事一覧 2017.11.24 11:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、9日前の15日にマグニチュード(M)5.4の地震が発生した南東部の慶尚北道・浦項を訪れた。当初は発生直後に訪れる考えだったが、地震の影響で大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)が23日に1週間延期されたことなどからこの日の訪問となった。

浦項女子高校で3年生と記念撮影する文大統領=24日、浦項(聯合ニュース)

 文大統領はまず浦項女子高校で生徒たちをいたわり、前日に大学修学能力試験を受けた3年生と対話した。被災者が集まる浦項市内の体育館も視察し、被災者に言葉をかけた。

 この後、地震で大きな被害を受けたマンションを視察し、被害と復旧状況について報告を受ける。被災者やボランティアと昼食を共にする予定だ。

体育館に並んだ被災者のためのテントを見て回る文大統領=24日、浦項(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。