Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部 THAAD巡る韓中軍当局の対話説を否定

記事一覧 2017.11.24 13:42

【ソウル聯合ニュース】中国が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に関し韓国軍当局との対話を提案したという報道について、韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は24日の定例会見で「これまでのところ、それに関し計画していることはない」と答えた。

THAADが配備された南部・星州の在韓米軍基地(資料写真)=(聯合ニュース)

 中国がTHAADのレーダーで監視されるのを防ぐため遮断壁を設置するよう要求したとの報道に対しても、「事実でない」と否定した。

 韓国と中国の両政府は先月末、THAAD問題によりぎくしゃくしていた両国関係を改善することに合意したが、韓国国内では中国がTHAADの限定的な運用など新たな要求を持ち出す動きがあるという報道が相次いでいる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。