Go to Contents Go to Navigation

ポーランド 北朝鮮大使館に不法賃貸の敷地返還要求=米メディア

記事一覧 2017.12.01 09:53

【ソウル聯合ニュース】米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は1日、ポーランドが自国内の北朝鮮大使館に対し、同大使館が不法賃貸行為を行っている外交用地の返還を要請したと報じた。

国連安保理の対北朝鮮制裁決議は不動産賃貸による外貨稼ぎを禁じている(イメージ)=(聯合ニュース)

 ポーランド外務省は先月28日にVOAに送った電子メールで、同14日に北朝鮮大使宛てに書簡を送り、外交目的に使用せず、商業賃貸している敷地の一部を返還するよう要求したと明らかにした。

 同省はこの書簡に対する北朝鮮の対応によっては、追加措置を考慮すると述べた。

 また、この敷地を使用中の事業者にも賃借行為を中止するよう求める書簡を送ったとし、一部の企業は既に契約終了を通知したり、契約解除手続きを進めたりしているという。

 首都ワルシャワの中心部に位置する北朝鮮大使館は、敷地の一部を現地企業などに賃貸する方式で外貨稼ぎをしていると伝えられた。

 昨年11月に採択された国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議は、北朝鮮公館が所有する不動産の賃貸により収益を得ることを禁止している。

 VOAによると、ポーランド外務省は平壌に駐在するポーランド外交官の活動を相当部分縮小し、ワルシャワに駐在する北朝鮮外交官も同様の状況だと伝えたという。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。