Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部「火星15は新型のICBM級」=米首都を射程に

記事一覧 2017.12.01 10:29

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は1日、北朝鮮が29日に発射した「火星15」について、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級と評価した。 

移動式発射台に積まれた火星15=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 同部は「飛行実験は成功したとみられ、通常の角度で発射した場合1万3000キロ以上の飛行が可能だ。ワシントンを射程に収めたことを意味する」と国会国防委員会に報告した。火星15の飛距離に対する韓国国防部の公式分析は初めて。

 ただ、大気圏への再突入や精密誘導システム、弾頭の正常な作動などについてはさらなる検証が必要と説明した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。