Go to Contents Go to Navigation

韓米空中訓練を非難 「核戦争勃発に追い込む」=北朝鮮

記事一覧 2017.12.03 17:11

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国の空軍が4~8日、過去最大規模で合同空中訓練「ビジラント・エース」を実施することについて、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は3日、「ただでさえ緊張している朝鮮半島情勢を核戦争勃発の局面に追い込む危険な挑発妄動」と非難した。

米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22=2日、光州(聯合ニュース)

 また、「われわれに対する公然とした全面挑戦で、核戦争の火を放つ雷管になり得る。無分別な軍事的挑発騒動が自滅を促す愚かな行為であることを肝に銘じなければならない」と主張した。

 北朝鮮の外務省報道官は2日、訓練について「一触即発の朝鮮半島情勢を爆発へと追い込もうとしている」と強く非難し、「朝鮮半島と全世界が核戦争のるつぼと化した場合、その責任は全面的に米国が負うべきだ」と主張する声明を出していた。

 韓米両軍による訓練実施を口実に、朝鮮半島情勢悪化の責任を押し付ける意図もあるとみられる。

 訓練は北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応し、過去最大規模で行われる。米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22やF35Aなど、両国軍の計約230機が参加する。

北朝鮮 新型ミサイル「火星15」の発射映像公開(12月1日)
韓国軍がミサイル発射訓練
北朝鮮の新型ICBM「火星15」
北朝鮮 ミサイル発射実験の写真公開
正恩氏と新型ICBM

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。