Go to Contents Go to Navigation

米戦略爆撃機B1Bきょう朝鮮半島へ 韓米合同訓練に参加

記事一覧 2017.12.06 09:39

【ソウル聯合ニュース】米軍の戦略爆撃機B1Bの編隊が6日、朝鮮半島上空に展開され、韓米両軍が実施している合同空中訓練「ビジラント・エース」に参加する予定だ。韓国軍当局が伝えた。

戦略爆撃機B1B(資料写真)=(聯合ニュース)

 B1Bの編隊は同日朝に米領グアムの米軍基地を飛び立ち、朝鮮半島上空で韓米両空軍の戦闘機の援護を受けながら実戦的な爆撃訓練を行い、基地に戻るとされる。

 4日に始まった韓米の合同空中訓練には、米空軍の最新鋭ステルス戦闘機をはじめ約230機が参加している。B1Bの編隊まで加われば、北朝鮮への圧力はさらに増すと見込まれる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。