Go to Contents Go to Navigation

11月の輸入車販売 前年比15%増=韓国

記事一覧 2017.12.06 13:48

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日発表した資料によると、11月の輸入車の新規登録台数は積極的なプロモーションや新車効果などで前月比32.3%増の2万2266台となった。前年同月比では15.0%の増加。

BMWの2018年型「ニュー5シリーズ」(資料写真)=(聯合ニュース)

 ブランド別の販売台数はBMW(6827台)が6カ月ぶりに1位を奪還し、メルセデス・ベンツ(6296台)は2位に後退した。トヨタ自動車のトヨタ(1345台)が3位、同社の高級車ブランド・レクサス(1113台)が4位。11月のベストセラーモデルは10月と同じでBMW「520d」(1723台)だった。

 また、国・地域別のシェアはドイツなど欧州車が74.3%を占め、日本車が17.9%、米国車が7.7%となった。

 一方、1~11月の輸入車累計販売は前年同期比3.7%増の21万2660台だった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。