Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自動車 2025年までにEVを14モデルに拡充へ 

記事一覧 2017.12.13 11:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車が、エコカーのモデル数を現在の13から2025年までに38に増やす。エコカーのうち電気自動車(EV)のモデル数を現在の2から14へと大きく拡充する計画だ。現代自動車グループ研究開発本部の李起相(イ・ギサン)専務が13日、こうした計画を発表した。

現代自動車の「アイオニックエレクトリック」(資料写真)=(聯合ニュース)

 現代・起亜は今年6月、20年までにエコカーのモデル数を31に増やし世界のエコカー市場で2位に浮上する構想を明らかにしていたが、今年上半期のエコカー販売がトヨタ自動車に次ぐ世界2位となり目標を前倒しで達成したことから、25年までの戦略を新たに立てた。

 李氏は「エコカー市場は政策の恩恵を受けて拡大を続けるだろう」と見込みながらも、市場の成長方向に対する不確実性が大きいため、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、バッテリー搭載のEV、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)などさまざまな種類のラインアップをそろえて備えると説明した。

 現代・起亜はEVのモデル数を25年までに14へと増やし、同年までに世界のEV市場で3位に入ることを目指す。現代・起亜の1~9月の世界EV販売台数は前年同期の2.5倍に増え、世界順位は昨年の11位から6位に上昇した。

 来年4月ごろ、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「コナ(KONA)」など3車種のEVモデルを発売し、さらに順位を上げる計画だ。コナは1回の充電での走行距離が400キロ程度になるよう開発を進めている。21年には高級車ブランド「ジェネシス」から走行距離500キロ以上の高性能EVを売り出す予定だ。

 FCVの商用化も近い。来年の平昌冬季五輪でFCVを運行して技術力をアピールし、同3月にはFCVモデルを正式に発売する計画だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。