Go to Contents Go to Navigation

平昌五輪準備に問題なし 「今後はPRと盛り上げ」=文大統領

記事一覧 2017.12.19 16:16
平昌五輪のそり競技場

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、ソウルと平昌冬季五輪・パラリンピックの会場がある江陵とをつなぐ高速鉄道(KTX)「京江線」に試乗した。大会の広報大使を務める文大統領は「平昌五輪の準備が着実に進められている。京江線が22日に開通し、交通インフラも年内に完備され、準備事項には問題がない。これからはPRと盛り上げが重要だ」と述べた。

平昌五輪の選手村完成
空から見た平昌五輪会場
列車内で抽選で選ばれた市民と対話する文大統領=(聯合ニュース)
平昌五輪のボランティアを激励

 この日は平昌五輪の入場券を購入した市民のうち、抽選で選ばれた20人も参加する試乗会だった。参加者は列車内で文大統領と弁当を食べた。文大統領と市民らが乗ったのは大統領専用の高速列車で、大統領専用列車が導入された1979年以降、一般市民が大統領と共に乗ったのは初めて。

 文大統領は「平昌五輪とパラリンピックは国民皆が共に参加する祝祭になると思う」と期待感を示した上で「夏季と冬季五輪、サッカーワールドカップ(W杯)、世界陸上選手権の4大会を開催することが国際スポーツイベントのグランドスラムとして認められているが、今回、冬季五輪を開催すれば4大会を開く5番目の国となる」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。