Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の平昌五輪参加 南北関係改善に寄与=公館長会議

記事一覧 2017.12.19 16:12
在外公館長会議スタート

【ソウル聯合ニュース】各国に駐在する韓国の大使・総領事らが出席する定例の在外公館長会議は2日目の19日、朝鮮半島の平和促進、北朝鮮核問題の平和的解決をテーマに開かれた。

在外公館長会議の模様=(聯合ニュース)

 出席者は、北朝鮮の平昌冬季五輪参加について、参加自体が朝鮮半島の厳しい状況を緩和させ、南北関係の改善に寄与するとの認識を共有した。

 また、平昌五輪の成功に向け国際社会の支持を得るための外交努力を強化していくことでも一致した。

 北朝鮮の核・ミサイル問題については、状況の安定的管理を土台に北朝鮮を対話の場に引き出すための外交努力を続けることが最重要だとの認識を共にした。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。