Go to Contents Go to Navigation

現代自が対話型音声認識サービス開発 19年の新車に搭載

記事一覧 2017.12.21 10:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループは21日、人工知能(AI)を用いた対話型音声認識アシスタントサービスを米サウンドハウンドと共同開発したと発表した。2019年発売の新車に初搭載する。

CESで披露するコネクテッドカーのコックピットのイメージ(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)

 同サービスはサウンドハウンドの対話型AIプラットフォーム「Houndify」を基盤に作動する。声だけでエアコンやサンルーフ、ドアなど車内の装置を操作したり、必要とする情報を得たりできる。

 電話をかけることやメッセージの送受信、住所検索のほか、音楽の検索・再生、スケジュール管理、スポーツの試合日程や結果の照会なども可能だ。

 現代自動車グループは、このアシスタント技術を搭載したコネクテッドカー(つながる車)のコックピット(前部座席の模型)を来年1月に米ラスベガスで開かれる世界最大の家電見本市「CES」で世界初公開する。

 アシスタントサービスは英語で作動する。現代とサウンドハウンドは今後、ほかの主要言語を認識するサービスを開発する計画だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。