Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 亡命兵を追ってきた北朝鮮軍に警告射撃20発

記事一覧 2017.12.21 11:59

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は21日、北朝鮮軍兵士の韓国亡命後の午前9時24分ごろ、この兵士を追ってきた北朝鮮軍の数人が軍事境界線(MDL)に近づいたため、9時30分ごろ、警告放送とともに機関銃で20発の警告射撃を加えたと明らかにした。

韓国軍 亡命兵を追ってきた北朝鮮軍に警告射撃20発 - 1

 北朝鮮軍側はそれ以上近づいてこなかったという。

 また、10時13分ごろと16分ごろの2回、北朝鮮側から数発の銃声が聞こえたが、韓国側で弾痕は見つかっていないとした。

 同日午前8時4分ごろ、最前線・中西部戦線で、北朝鮮軍の下級兵士1人が韓国に亡命してきた。韓国軍は兵士の身柄を安全に確保した。亡命の動機や経緯などについて調べる方針だ。

 兵士は約19歳の男性で、AK自動小銃を所持していたという。

 北朝鮮軍は兵士の亡命直後、数人の兵士を非武装地帯(DMZ)に投入したとされる。

 韓国軍合同参謀本部は当初、銃撃はなかったと説明していたが、「(銃撃は)亡命事実をブリーフィングした際に起きた」と明らかにした。

 北朝鮮軍からの亡命は、11月13日に南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)で兵士1人が北朝鮮軍から追われ銃撃を受けながら亡命して以来。

 今年、韓国に亡命した北朝鮮兵は4件の計4人で、住民を合わせると9件の計15人となる。昨年は3件の計5人(うち1人は兵士)だった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。