Go to Contents Go to Navigation

輸入HV市場を日本勢席巻 レクサス5割超=韓国

記事一覧 2017.12.25 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が25日発表した資料によると、今年1~11月に韓国で販売された輸入ハイブリッド車(HV、プラグインハイブリッド車を含む)は前年同期比46.4%増の計2万644台だった。輸入HVの年間販売台数が2万台を突破するのは初めてとなる。

レクサス「ES300h」(レクサスコリア提供)=(聯合ニュース)

 韓国での販売が始まった2006年には56台にとどまった輸入HVの販売台数は、09年には1000台、12年には6000台を突破。昨年は1万6259台を記録して1万台を突破したのに続き、今年は2万台まで成長した。

 今年1~11月の輸入車市場でのHVのシェアは前年の7.2%から9.7%に拡大し、10%達成を目前にしている。性能と燃費が向上した上に電気自動車(EV)より利便性が高く、消費者に好まれているとの評価だ。

 今年の輸入HVの成長は、最も多くのラインナップを有するトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が主導した。

 レクサスは1~11月に計1万525台のハイブリッドモデルを売り上げ、輸入HV全体の販売台数の半数(51.0%)を占めた。

 これとともにトヨタは6663台(32.3%)、ホンダは2099台(10.2%)を売り上げるなど、日本車の活躍が目立った。

 モデル別の順位では、レクサス「ES300h」が6936台で販売台数全体の33.6%を占め、1位となった。

 「ES300h」はガソリン、ディーゼルなど全てのモデルを含む今年の輸入車市場でも、BMW「520d」に続きベストセラー2位の座を守っている。

 このほか、トヨタの「カムリハイブリッド」(3139台)、同「プリウス」(2207台)、ホンダ「アコードハイブリッド」(2099台)が2000台以上を売り上げ、輸入HVの2~4位を記録した。

「ニューカムリハイブリッド」(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。