Go to Contents Go to Navigation

慰安婦合意 被害者との意思疎通「非常に不十分」=韓国外相

記事一覧 2017.12.26 10:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は26日に開いた記者会見で、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓国と日本政府の合意に関するタスクフォース(TF、作業部会)の検証結果について、「合意まで被害者との意思疎通が非常に不十分だったという結論(になった)」と明らかにした。TFは27日、検証結果を発表する予定だ。

会見を行う康氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

 康氏は「TFが(検証で)焦点を合わせたのは合意がまとまるまでに政府がどれだけ被害者と意思疎通を図ったのかということ」と説明。「あす発表されるが、その部分(意思疎通)で非常に不十分だった」と指摘した。

 その上で、「今後、国民の70%が受け入れていないこの合意、特に被害者(支援)団体が満足していないこの合意に対し政府がどのように取り組むかはすべてのオプション(選択肢)を踏まえ意思疎通を図っていかなければならない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。