Go to Contents Go to Navigation

韓国会社員の7割 有給完全消化できず=旅行サイト大手

記事一覧 2017.12.30 09:00

【ソウル聯合ニュース】旅行サイト世界大手のエクスペディア(米国)が韓国の20~50代の会社員1000人を対象に今年の有給休暇の使用状況を調査したところ、およそ10人に7人が今年付与された年次休暇を全て消化できず、11月23日現在で平均4.8日残っているとの結果が出た。

ワークライフバランスを重視する若者が増えている一方、年次休暇を消化できない会社員が多いことが分かった(エクスペディア提供)=(聯合ニュース)

 回答者のうち付与された年次休暇をまだ使い切っていない人は69%で、15日以上残っているという回答者も10%に達した。

 今年中に年次休暇を使い切れなさそうだと答えた人は34.3%、年次休暇を1日も使えなさそうだという人は16.4%だった。

 残りの休暇を使用できない理由として「業務が多く仕事から離れられない」(40.9%)と答えた人が最も多かった。続いて「周囲の目が気になって」(28.6%)、「他の人と休暇の日程を合わせるのが難しいから」(13.8%)などの順だった。

 「職場で休暇申請を却下されたことがある」という人も回答者の27%に上った。

 すでに年次休暇を使い切ったという回答者は、20代が36.3%で最も多かった。

 エクスペディアは「仕事と日常のバランス『ワークライフバランス』を重視する若者層が増えていると解釈できる」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。