Go to Contents Go to Navigation

[芸能]T-ARAが所属事務所と契約終了 「解散はない」

記事一覧 2018.01.04 10:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の女性グループ、T-ARA(ティアラ)と所属事務所のMBKエンターテインメントとの専属契約が終了したことが4日、分かった。

T-ARA=(聯合ニュース)

 メンバーのヒョミンはこの日、写真共有アプリ「インスタグラム」に、「私たちは10年という長い期間を共にした会社(所属事務所)に別れを告げた」とつづった直筆の手紙の写真を投稿し、昨年いっぱいで専属契約が終了したことを明らかにした。

 ヒョミンは自身とほかのメンバー(ジヨン、ウンジョン、キュリ)の今後について「まだ具体的にお話しできない」としながらも、グループは解散しないと強調した。

 T-ARAは昨年5月にボラムとソヨンが脱退後、4人体制で活動を続けてきた。

 一方、MBKエンターテインメントの関係者は「先月末に専属契約が満了となった。T-ARAが解散するわけではないが、今後の進路はメンバー4人が決めることになる」と話している。

 2009年にデビューしたT-ARAは「Bo Peep Bo Peep」 「Roly-Poly」 「Lovey-Dovey」などヒット曲を連発したが、12年に元メンバーのファヨンの脱退を機にグループ内でのいじめが取り沙汰され、一気に人気が落ちた。その後、活動の中心を中国に移し現地で人気を集めた。

ヒョミンがインスタグラムに投稿した直筆の手紙=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。