Go to Contents Go to Navigation

サムスンの米工場 12日完成=年100万台以上の洗濯機生産へ

記事一覧 2018.01.04 19:46

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が米サウスカロライナ州ニューベリーで建設していた洗濯機工場の完成式が12日に行われ、生産を開始する。同社の米国法人の幹部が3日(現地時間)、米通商代表部(USTR)の公聴会に証人として出席し、明らかにした。

昨年6月、サムスンが公開したニューベリーの工場予定地(同社提供)=(聯合ニュース)

 同社は年末までに約1000人を雇用し、年間100万台以上の洗濯機を生産する計画だ。

 工場は米国の通商圧力を警戒し、昨年6月から建設を進めてきた。投資額は3億8000万ドル(約430億円)。

 米国際貿易委員会(ITC)が年間120万台以上輸入される洗濯機を対象に50%の関税を課する勧告案をまとめたことを受け、当初計画より生産開始の時期を1~2カ月前倒ししたもようだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。