Go to Contents Go to Navigation

AI搭載の次世代テレビ公開へ 自動高画質化を実現=サムスン

記事一覧 2018.01.07 11:44

【ラスベガス聯合ニュース】韓国のサムスン電子は7日(日本時間)、人工知能(AI)により画質を8K並みの高画質に高める85型の「8K・QLEDテレビ」を世界で初めて開発し、米ラスベガスで9日に開幕する世界最大の家電見本市「CES」で公開すると発表した。

AIによる画質の調整(イメージ、サムスン提供)=(聯合ニュース)

 AIによる画質調整で自動的に明るさや色合い、ピントなど最適化し、高精細な映像を実現する。QLEDは「量子ドット」を使った新技術。テレビに搭載されたAIは数百万パターンの映像を学習して、類型別に分析。それに基づくデータベースを使って画質を向上させるという。コントラストや解像度を調整するほか、重要な場面を特に鮮明にするなどの機能も備えているという。

 同社はAIが画質を調整する同テレビの65型を今年下半期に発売する計画だ。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。