Go to Contents Go to Navigation

宮崎駿監督作「星をかった日」サントラ公演 釜山で来月開催

記事一覧 2018.01.16 20:54

【釜山聯合ニュース】日本アニメ界の巨匠、宮崎駿監督の短編アニメ映画「星をかった日」のオリジナル・サウンドトラック(OST)公演が、来月10、11の両日に韓国南部・釜山の釜山市民会館で開催される。

 同作の音楽を手掛けたバイオリニストの都留教博と、チェリストやピアニスト、ギタリスト、パーカッショニストからなるプロジェクトグループ・アコースティックカフェが出演。画家・井上直久の原作童話のイラスト映像を背景に、「星をかった日」の挿入曲などを演奏する。

バイオリニストの都留教博(釜山市民会館提供)=(聯合ニュース)
公演のポスター=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。