Go to Contents Go to Navigation

不法滞在外国人の取り締まり強化へ 昨年3万人摘発=韓国

記事一覧 2018.01.16 18:37

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部は16日、昨年1年間で不法滞在の外国人3万1237人、不法雇用主6657人を摘発したと発表した。

 政府は今年、法務部、雇用労働部、警察庁、海洋警察庁による合同取締班に400人を投入し、不法滞在の特別取り締まりを全国の主な拠点を中心に拡大していく計画だ。

 また平昌冬季五輪の開催を機に外国人の入国が急増すると予想されることから、不法滞在防止に向けて法務部傘下のソウル移民特殊調査隊と警察庁が合同で「迅速対応チーム」を構成し活動を開始する。

 法務部は「昨年、不法滞在者の取り締まりを行い、外国人滞在の秩序を確立し、不法雇用を防ぐのに努力した」とし、「摘発された外国人は原則的に強制退去処分にし、不法雇用主は法令違反の程度により検察に告発するか、2000万ウォン(約208万円)以下の罰金を科す」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。