Go to Contents Go to Navigation

韓国LCCのイースター航空 ソウル―大分線の運航開始

記事一覧 2018.01.18 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国格安航空会社(LCC)のイースター航空は18日、ソウル(仁川)―大分線の運航を17日に開始したと伝えた。運航は水、金、日曜日の週3往復で、仁川発が午後3時35分、大分発が午後6時となる。

就航を伝えるイースター航空乗務員=(聯合ニュース)

 大分線の就航により、イースター航空の日本路線は仁川から宮崎、鹿児島、札幌、東京(成田)、大阪(関西)、沖縄、福岡の各線と釜山―関西線を合わせ9路線となった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。