Go to Contents Go to Navigation

朝鮮総連 平昌五輪に170人規模の応援団派遣へ

記事一覧 2018.01.24 13:56

【東京聯合ニュース】在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が平昌冬季五輪への応援団派遣に向けた準備を加速させていることが24日、分かった。

平昌冬季五輪の競技場の一つ、江陵ホッケーセンター。韓国と北朝鮮は五輪史上初となるアイスホッケー女子の合同チームを結成し出場する=(聯合ニュース)

 在日韓国大使館や朝鮮総連の事情に詳しい関係筋によると、朝鮮総連は応援団募集の作業に取り掛かった状態だ。

 応援団の規模は170人を予定しており、3次に分けて派遣する計画だが、応募者が多い場合は人数が増える可能性もある。

 朝鮮総連は、韓国または日本の国籍ではない、いわゆる「朝鮮籍」の在日コリアンが韓国に入国する際に必要な旅行証明書の発給について、韓国大使館と協議している。

 韓国外交部はこのほど、特別な理由がない限り旅行証明書を申請日から8日以内に発給するよう指針を改定した。応援団のうち朝鮮籍保有者は外交部の新指針に基づいて旅行証明書が発給される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。