Go to Contents Go to Navigation

選手村2月1日オープン 初日に約500人入村予定=平昌五輪

記事一覧 2018.01.30 16:47

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪に出場する92カ国・地域の選手2900人余りが滞在する韓国北東部・江原道の平昌と江陵の選手村が、2月1日に正式オープンする。

平昌選手村(上)と江陵選手村(資料写真)=(聯合ニュース)

 スキーなどが行われる平昌とスケートなどの会場となる江陵の選手村は着工から約2年5カ月を経て昨年12月に完成し、受け入れの準備を整えてきた。

 五輪とパラリンピックで使用する平昌選手村は15階建てのビル8棟・600戸、五輪でのみ使用する江陵選手村は25階建てのビル9棟・922戸。選手村は銀行や郵便局、コンビニエンスストア、美容院、洗濯室、レクリエーションセンター、フィットネスセンターなどを備える。

 26日から各国・地域選手団の先発隊の入村が始まっており、正式オープン日の1日には米国や日本、スウェーデン、カナダなど22カ国・地域の選手492人が平昌(223人)と江陵(269人)の選手村にそれぞれ入村する予定だ。

 韓国選手団はスキー選手らが1日に平昌選手村に入り、4~6日にスケートなどの選手が江陵選手村に順次到着する予定だ。韓国は7日午前11時から江陵選手村で入村式を行う。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。