Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]競技場区域 カード払いは「VISA」のみ=金融監督院

記事一覧 2018.02.06 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国金融監督院は6日、平昌冬季五輪(9日開幕)の競技場区域内での支払いには現金(韓国ウォン)かVISAのクレジットカード・プリペイドカードのみ使用できると明らかにした。

 国際オリンピック委員会(IOC)と平昌五輪組織委員会の方針による措置という。

 VISA以外のクレジットカードやキャッシュカードでは、五輪競技場区域内での支払いや現金の引き出しができない。

 金融監督院は「VISAのクレジットカードがない観覧客は、あらかじめ現金を準備するか現場でVISAのプリペイドカードを購入して使用しなければならない」と説明した。

 VISAのプリペイドカードは競技場区域で無人自販機6台を含む12カ所で販売しており、VISA以外のクレジットカードでも購入できる。

 プリペイドカードの使用後は、残額に関係なく現場の販売ブースなどで払い戻しを受けることができる。

 競技場区域外では全てのクレジットカードを使用できる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。