Go to Contents Go to Navigation

1月の輸入車登録が前年比26.4%増 ベンツ首位=韓国

記事一覧 2018.02.06 12:15

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日発表した資料によると、1月の輸入車の新規登録台数は2万1075台で、前年同月比26.4%増加した。

メルセデス・ベンツの新型Eクラス(提供写真)=(聯合ニュース)

 メーカー・ブランド別にみると、メルセデス・ベンツが7509台でトップだった。次いでBMW(5407台)、トヨタ自動車のレクサス(1236台)、フォード(1007台)、トヨタ(928台)、ボルボ(849台)、ランドローバー(726台)、ポルシェ(535台)などの順だった。

 メルセデス・ベンツはベストセラーモデルの順位でも6カ月ぶりにトップを占めた。先月は同社の「E300 4MATIC」が1593台で1位だった。2位はBMW「520d」(850台)、3位はメルセデス・ベンツ「E200」(818台)。

 KAIDAの関係者は「一部ブランドの円滑な在庫確保、各ブランドの積極的なプロモーションなどにより販売が増加した」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。