Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]北朝鮮選手団長 入村式で韓国村長と贈り物をやりとり

記事一覧 2018.02.08 14:53

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪の江陵選手村で8日、北朝鮮選手団の入村式が行われ、元吉宇(ウォン・ギルウ)選手団長がキム・ギフン村長にマツの木の刺しゅう画を収めた額縁を贈った。キム氏は、韓国の国宝に指定されている文化財「百済金銅大香炉」のレプリカと大会マスコットのぬいぐるみを元氏に手渡した。

握手を交わすキム・ギフン選手村長(右)と元吉宇・北朝鮮選手団長=8日、江陵(聯合ニュース)

 北朝鮮は海外で行われる国際スポーツ大会で選手村に入る際、主に絵画や文化財のレプリカを贈り物としている。

 北朝鮮選手団は、韓国と合同チームを組むアイスホッケー女子、フィギュアスケート・ペアなどの選手22人と役員24人の計46人。入村式には北朝鮮の応援団も出席し、式典を盛り上げた。

北応援団 歓迎夕食会に出席
北朝鮮選手団が入村式 応援団も出席
朝鮮総連の平昌応援団が来韓
キレキレダンスに大喜びの北朝鮮選手

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。