Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]聖火最終点火者のキム・ヨナさん 「忘れられない瞬間だった」

記事一覧 2018.02.10 11:53

【平昌聯合ニュース】9日に開催された平昌冬季五輪の開会式で聖火を点火したバンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、キム・ヨナさんは10日にメインプレスセンターで開かれた記者会見で、「忘れられない瞬間だった」と感想を語った。

聖火台の下の特設リンクで舞うキムさん=9日、平昌(聯合ニュース)

 キムさんは「聖火の点火者になることは数カ月前に知った」として、「リハーサルは2日間行った」と紹介した。

 また、「引退してから数年が経つが、久しぶりに短いながらも(スケーティングを)お見せし、点火できた」と説明。「リンクの上では十数年間滑ってきたが、高いところは初めてだった。ミスがなくて良かった」と笑顔で振り返った。

 キムさんは開会式で白いドレスにスケート靴を履き、聖火台の下の特設リンクで華麗に舞った後、アイスホッケー女子の南北合同チームの選手2人から聖火を受け取って点火した。

国旗を振る安倍首相
はためく朝鮮半島旗
最終ランナーはキム・ヨナさん
聖火台に点火

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。