Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]韓国フィギュア団体 崔多彬が自己新もフリーに進めず

記事一覧 2018.02.11 14:54

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪のフィギュアスケート団体戦は11日、女子ショートプログラム(SP)とアイスダンスのショートダンス(SD)があった。韓国は男子とペアのSPを合わせた合計得点で10チーム中最下位に終わり、フリー進出を逃した。

華麗な演技を見せた崔多彬=11日、江陵(聯合ニュース)

 女子は札幌冬季アジア大会の金メダリスト、崔多彬(チェ・ダビン、18)が初五輪の舞台で自己新となる65.73点をマークし、10人中6位に入った。これまでのSP最高は昨年4月の世界選手権でマークした62.66点だった。

 アイスダンスSDで五輪初出場のミン・ユラ、アレクサンダー・ガメリン組は51.97点を記録し、9位だった。

 崔は昨年6月に母をがんで亡くす悲劇に見舞われ、思うように練習ができなかった時期もあった。悲しみに暮れながらもリンクでは出来る限りの努力をし、五輪の晴れ舞台にたどりついた。「私を信じてくれた母がいたから、この場所に立てたのだと思う」と感謝の言葉を述べた。自信を持って21日に行われる女子シングルのSPに臨めそうだ。

 団体女子SPの1位は世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)で、自身が持つ世界最高得点を上回る81・06点を記録した。日本の宮原知子は68.95点で4位。

 日本は10チーム中4位となり、フリー進出を決めた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。