Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者が死去 生存者30人に=韓国

記事一覧 2018.02.14 08:24

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の福祉施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は14日、88歳の被害者1人が同日早朝に死去したと伝えた。遺族の意向により氏名や葬儀の手続きなどは公表しない。

全国に建てられた慰安婦被害者を象徴する少女像(資料写真)=(聯合ニュース)

 施設によると、この日死去した被害者は16歳の時に日本の岡山に連れて行かれ、慰安婦としてつらい生活を強いられた。解放(終戦)後に故郷に戻り、2012年10月から同施設で暮らした。

 韓国政府に登録されている旧日本軍の慰安婦被害者239人のうち、生存者は30人に減った。被害者の死去は今年2人目。昨年は8人が亡くなった。

慰安婦被害者をお見舞い
慰安婦被害者をエスコート
外交部長官 慰安婦被害者を見舞う
慰安婦合意 日本に再交渉は求めず
外相会見を視聴する慰安婦被害者
26周年迎えた「水曜集会」

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。