Go to Contents Go to Navigation

文大統領 南北首脳会談開催への期待に慎重姿勢

記事一覧 2018.02.17 18:43
メインプレスセンターを訪問

【平昌、ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、平昌冬季五輪のメインプレスセンターを訪れ、国内外の報道関係者を激励した。

平昌五輪のメインプレスセンターであいさつを述べる文大統領=17日、平昌(聯合ニュース)

 文大統領は南北首脳会談の開催について「大きな期待が寄せられているが性急な感がある」との考えを示した。

 米朝間の対話も必要だとの共通認識が少しずつできつつあるとした上で「最近の南北対話が米国と北との非核化対話へとつながることを待っている」と述べた。

 最も重要な目標のうちの一つが平昌五輪を平和五輪にすることだとしながら「北の五輪参加は朝鮮半島の緊張を緩和し、五輪の安全な開催に寄与した」と語った。

 また、「南北合同入場や合同応援などが世界の人々に感動を与えた。南北対話が相当の成果を上げたため南北関係がさらに改善されるのではないか」と期待を示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。