Go to Contents Go to Navigation

韓国の「清潔度」51位 わずかに改善=日本は20位

記事一覧 2018.02.22 10:31

【ソウル聯合ニュース】汚職問題に取り組む非政府組織(NGO)「トランスペアレンシー・インターナショナル」(本部ドイツ・ベルリン)は21日、2017年の腐敗認識指数(CPI)を発表した。

 韓国の「清潔度」は100点満点中54点で、180カ国・地域のうち51位だった。前年(53点)の52位から順位を上げた。

 CPIは各国の公務員や政治家などが不正行為に応じるかどうかを数値化したもので、1995年から毎年発表されている。韓国は2013年、16年、17年を除き30~40位圏を維持した。

 首位はニュージーランド(89点)、2位はデンマーク(88点)、3位はフィンランド、ノルウェー、スイス(85点)、最下位はソマリア(9点)だった。日本(73点)は20位。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。