Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]韓国“お家芸”ショートでまさかの金なし 目標達成は絶望的=第14日

記事一覧 2018.02.22 23:40

【平昌聯合ニュース】平昌五輪大会第14日の22日、韓国はスピードスケート・ショートトラック男子500メートルで黄大憲(ファン・デホン)が銀メダルを、林孝俊(イム・ヒョジュン)が銅メダルを獲得した。しかし、同種目と共に金メダルが期待されたショートトラック女子1000メートルと同男子5000メートルリレーではメダルを逃し、金メダル8個、銀メダル4個、銅メダル8個で総合4位という目標達成は絶望的になった。韓国の今大会のメダルは金4、銀4、銅3となり、総合順位は前日から1ランク下落の9位。

ショートトラック男子500メートル。2位、3位でゴールする白いユニフォームの黄大憲と林孝俊=22日、江陵(聯合ニュース)

 韓国が五輪のショートトラック男子500メートルで一度に複数のメダルを取ったのは初めて。しかし金メダルは39秒584の世界新記録をマークした中国の武大靖の手に渡った。

 女子1000メートル決勝では共に優勝候補に挙げられていた沈錫希(シム・ソクヒ)と崔ミン禎(チェ・ミンジョン)がレース終盤に衝突、転倒してメダルを逃す予想外の結果となった。

 男子5000メートルリレー決勝では、1500メートルで金メダルに輝いた林孝俊の転倒もあり4位に終わった。

ウエーブで韓国選手を後押し
李相花がショートトラック応援
男子5000リレー 悔しい4位
まさかの転倒
メダル手にポーズ
イ・ビョンホン夫妻も応援

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。