Go to Contents Go to Navigation

文大統領 イバンカ氏と非公開で35分会談

記事一覧 2018.02.23 21:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、平昌冬季五輪の閉会式(25日)に出席するため来韓したトランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官との夕食会を前に会談を行った。青瓦台(大統領府)が伝えた。

文大統領(左)とイバンカ氏=23日、ソウル(聯合ニュース)

 会談は青瓦台で午後7時半から約35分間行われ、米国と北朝鮮の対話や南北首脳会談などを含む朝鮮半島問題について意見交換した。

 青瓦台関係者によると、会談は米国側の要請により非公開で行われたという。

 イバンカ氏はトランプ大統領からのメッセージを文大統領に伝え、文大統領は北朝鮮核問題にとって重要な米朝高官協議に米国が積極的に乗り出すようイバンカ氏に求めたとみられる。

 イバンカ氏は、平昌五輪閉会式に出席する米政府代表団のトップとしてこの日午後来韓した。一行は24~25日に米国の競技を観戦した後、閉会式に参加し26日に帰国する予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。