Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]Sスケート男子マススタート 韓国の李承勲が初代王者に

記事一覧 2018.02.24 22:33

【江陵聯合ニュース】平昌五輪第16日の24日、今大会初採用のスピードスケートマススタートの男子で韓国の李承勲(イ・スンフン)が7分43秒97の記録で金メダルを獲得し、同種目の初代王者に輝いた。

初代王者に輝いた李承勲=(聯合ニュース)

 李は今大会、団体追い抜きの銀メダルに続くメダル獲得。五輪通算では金2、銀2、銅1個のメダルを取ったことになる。

 韓国のメダルは24日現在、15個(金5、銀6、銅4)で総合7位。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。