Go to Contents Go to Navigation

[平昌五輪]フィギュア羽生 「プーさん」はスタッフにプレゼント

記事一覧 2018.02.26 16:13

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)が行われた16日の江陵アイスアリーナ。日本フィギュアスターの羽生結弦選手の演技が終わると、リンクには降り注ぐ雨のように数多くの「くまのプーさん」が投げ込まれた。

16日に行われた平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で、羽生選手の演技後、リンクに投げ込まれたプーさんを拾い集めるフラワーキッズ=(聯合ニュース)

 フラワーキッズがプーさんを拾い集めるため、試合がしばらく中断されるほどの量だった。同選手が五輪2連覇を達成した17日のフリーでも同じ光景が見られた。

 大会組織委員会でフィギュアチーム長を務めたイ・ジョンス氏は「羽生選手はフリーの際にもらった人形(プーさん)をボランティアやフラワーキッズなど、現場で苦労したスタッフにプレゼントした。量が多く、ほとんどのボランティアが1個ずつもらった」と伝えた。その上で、「人形を運んだフラワーキッズたちは喜んでいた。子供たちにとって大きなプレゼントになった」と話した。

 ただ、SPの際にもらったプーさんは羽生選手側が持ち帰った。寄付先は明らかになっていない。

 羽生選手は国際大会でもらったプーさんを地元の関係者に寄付している。

羽生のジャンプ
日本勢が金銀独占
大トリは連覇の羽生

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。